スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しし座の名前を持つMS

リーオー


ロボット魂のリーオーです。
なんだかんだでずっと前に買ってました。
ずっと箱にしまっているのも残念なのでアップ。
リーオー単体だとあまり遊べず、武器セットも必要ですが、懐かしさもあって良いリーオーかなと。


リーオー斜め
リーオー正面
リーオー後ろ
まずはリーオー単体を。
どこから見てもリーオー。
ガンダムWでの一般的な量産型MSで、特色をあまり出していない如何にもな量産機らしいかつ良いやられメカなデザイン。

リーオー肘
肩はまずまずな可動域ですが引き出し式ではないです。
その分、肘関節は必要十分に曲げられますねー。

リーオー腰回り
あまり大きく曲げられませんが腰も動かせます。

リーオー腰
前になら腰を倒すことも。

リーオー開脚
開脚は普通クラスでしょうか。
腿が太く、大きく広げられる構造でも無いので十分かなと。

リーオー膝
膝関節は二重関節になっていてかなり曲げられます。
また、足のつま先も曲げられるようになっていて、つま先を前や後ろに倒せるのは良い感じ。
こういうケレン味のあるデザインは弄ってて楽しいですね~。

リーオー正座
そのおかげで正座も難無く出来ます。

リーオー105mmマシンガン
105mmマシンガンを持たせて。
マシンガンがドラム型バレルっていうのも珍しい形でリーオーっぽく感じて良いですね~。

撃つべし
良い感じに色分けされていて塗装もしっかりしているので安っぽさも無いです。
ただ気になったことは、マシンガンのサイトスコープは本来円形ではなく矩形という話が。
地上用リーオーの物が矩形、宇宙用リーオーの物が円形らしいです。
このリーオーはモスグリーン色なので地上用ですが細かいことは止めておきましょう(ぁ

構えて
両手で撃つべし
左手をサイドグリップに掴ませて両手撃ち。
劇中だとこんな構えで撃ったり歩いたりしていた印象が強いです。
と言うか無名パイロットって基本がこのポーズで棒立ちばかりだったような・・・。

背負い
背中にアタッチメントを付けて背負うことも。
ただ、マシンガンのグリップを差し込むだけなので落とし易い上に、アタッチメントのピンも抜け落ち易いのでちょっと面倒・・・。

首の可動
ここからは武器セットを交えて。
可動が出来る首が付いてます。
首回りのプロポーションは悪くなりますが、色々な表情付けが出来るようになるので嬉しいオプション。

バズーカ
バズーカを持たせて。
スティンガーみたいな形で野太いゴツさが良いですね~。

バズーカ構え
マシンガンと同じく、左手をサイドグリップに掴ませての両手持ち。
無骨なデザインのリーオーとバズーカの相性は良い感じにマッチしてますねー。

バズーカ撃つべし
バズーカの砲口は開口されていませんが、成形色がガンメタルなので安っぽさはあんまり感じませんね。

肩部ビーム砲
肩部ビーム砲。
砲身と基部を動かせますが、小さいデザインなので表情付けが難しい・・・。
ちなみに武器セットに左右の平手が入ってます。

ドーバーガン
ドーバーガン。
劇中だとゼクス機のリーオーぐらいしか記憶に無いぐらいリーオーの武器としては活躍の場が少ない武器。

ドーバーガン構え
長い砲口はガンメタルの塗装でカッコイイんですが、砲身基部はライトガンメタルの成形色で合わせ目も出てしまっててちょっと安っぽいかなー・・・。

ドーバーガン撃つべし
サイズ的には大きめで良い感じの迫力なので、はったりが利きやすいのは嬉しいです。
放映当時に見ていた時に、リーオーのことを顔がテレビのロボットと呼んでいた記憶があります・・・w

シールド
シールド。
リーオーの装備でよく見るサークルシールド。

シールド裏
シールドの裏面はこんな感じです。
サーベル基部が2つ付いています。

サーベル抜刀構え
サーベル抜刀
ビームサーベル。
ガンプラよりもサーベルの発色が再現されていて良い感じ。

トレーズ
サーベル斬り
トレーズがリーオーに乗った時にしたポーズ。
と言っても曖昧な記憶ですが(ぉぃ

二枚下ろし
二枚下ろし2
劇中で多分使ってない二刀サーベル。
リーオーがビームサーベルを使うのはほとんどが名ありパイロットぐらいで、今思うと色々ツッコミ所が満載。

フルウェポン前
武器がたくさんあるので山盛りにしてみました。

フルウェポン斜め
フルウェポン後ろ
リーオーの無骨さと相まってこういうフルウェポンも似合いますね~。
こういうリーオーも登場して欲しかったですが、フィギュアで楽しめるのも立体化の醍醐味ですね。

フルウェポン
無名パイロットだと弱く、名ありパイロットだと無双と化すリーオーの謎のスペック・・・。
ドーバーガンは肩部の専用パーツを付けられないため、やや無理して持たせてます。

フルオープン
ドーバーガンをパージしてバズーカと105mmマシンガンを装備。
リーオーもそうですがXで登場したドートレスとかも似たような扱い。
しかしドートレス系は名ありパイロットがほとんど乗ることは無いので本当に活躍しませんが・・・。

フルリーオー1
フルリーオー2
フルリーオー3
地を這う泥臭さのロボのデザインはカッコイイですねー。
劇中での扱いの差が激しかったですが、この時代になってまさかのフィギュア化されるとは。

ブンドド1
そしてブンドド。

ブンドド2
ガンダムW系は丁度良いサイズの立体物を持っていないためガンダムで。
やや遠近ありますが、ガンプラとロボット魂のビームサーベルの発光感の違いが分かり易いかと。

ブンドド3
ドーバーガンの弾にはビームとロケット弾の2種類があるっぽいです。
当時の作画だとビームとロケット弾の表現が曖昧なことが多いので何とも・・・。
スパロボでもビームの時や実弾の時もあっていまいちはっきりしていない・・・・。

比較
ガンダムと比較してみました。
リーオーは16.2mで、ガンダムは18.0mだそうです。
リーオーの方が背が低いため、サイズ的には1/144ぐらいかもしれません。

リーオー飛翔


以上、リーオーでした。
単体と武器セットを両方買わないと面白くはありませんが、揃えますと色々と遊べて楽しいです。
立体化にも恵まれていないので、リーオーの詳細なデザインも分かるのも良いですね。
こういうマイナー系を立体化してくれるロボット魂は本当にありがたいです。
リーオーの立体化は昔1/144のプラモで発売していたらしいですが今は在庫のみの絶版っぽいです。
それを考えるとロボット魂での立体化は量産機好きにはとても嬉しい限り・・・・w
来年にはトールギスⅠも出るので買おうか悩みますねー。


ではこれで~ノシ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。