スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レフトハンド加工

今回はHJ付録のSEEDカスタムキットの左手を、ずっと積まれている状態のHGガンダムに使えるように加工したことでも書こうかなと。

HGガンダム(ver.G30th)には、武器ではビームライフル、ハイパーバズーカ、ビームサーベル、ガンダムハンマー、シールドが付属と中々豊富。
ただ、豊富な武器に対して手は左右の握り手と右武器持ち手、右銃持ち手しか無いという幾分か物足りない手の種類。
ガンダムは劇中でも武器を二つ持つことがしばしばあったので左武器持ち手を。
あとはポーズの表情付けをするための左平手が欲しいかな~というのが今回の加工の始まり。
ネモを作る息抜きに弄ってたので時間掛けて完成させた・・・。


元
まずは元々の型を。
上の手が、カスタムキットの左平手と左武器持ち手。
下は手の裏面に取り付ける手甲パーツ。HGUCネモの余剰パーツ。
ガンダムの手と手甲はそれぞれ青み掛かったグレー色なので、色はとりあえずこれでも大丈夫かな。

平手
加工後の平手。
手甲のピン穴の形状と手の裏面は全く合わないため、接着の弊害になる手の裏面の型を全て切り飛ばしました。
あとは手甲のピンを少しヤスリを掛けて、接着剤を使って嵌めて完成。

武器持ち手
加工後の武器持ち手。
こっちは手甲をメインに加工。
上が元の手甲で下が加工後の手甲。
使う手首が元々加工の仕様が無いため、手甲の側面と挿入ピン半分をそれぞれ切り飛ばし。
あとは手の武器を持つ部分のダボピンも切り飛ばしました。
最後に、手甲の挿入ピンにマスキングテープを軽く巻いてサイズ調整して完成。

完成
こんな感じで出来ました。
武器持ち手は手甲を外しながら武器を持たせるので、テープ等で調整して嵌めないとダメ絶対。
これでHGガンダムに色々武器を持たせたりポーズを取らせることが出来るので作るのが楽しみw
なのでネモの次はガンダムを作るつもり。
ランナー見た感じだとネモより楽そう。
色分けもほとんどされているのでやることが墨入れぐらい。


ではこの辺でノシ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。