スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百年使えるMS

やっと百式+メガバズーカランチャーが完成。
写真の枚数が多くて、文が長くなってしまった。
今回は色々手を入れさせられた・・・。




クワトロ・バジーナ、百式、出る!

百式、出るぞ!

さすがに百式自体は10年ぐらい前に出たため、パチ組みだと出来としては物足りないかな。
組み立てて気づいたけど、所々でパーツが干渉してしまい可動範囲が狭かったり、合わせ目が目立ったりして時代を感じさせる。
少し足が大きいけど、その分接地性はそれなり。

妙な立ち膝 開脚

自分の場合は可動範囲を広げたかったことと、合わせ目を目立たせないため、ヤスリ使って干渉部とゲート跡をひたすら削りました。
特に下半身では、塗膜でパーツが膨れたのもあってか、数多く削り込んだ・・・。
あとは、腰のフロントスカートが、今のような独立に可動出来るような設計ではなく、一体成型だった。
なので、接続ピンを半分に切り取って、切り取った部分にボンドを球っぽい型にして仕込むことで、パーツが外れることなくフロントスカートを独立に可動出来るように。
ボンドの使い方はレビューサイトを見て知ったけど、こんな場面でボンドが生きるとは思わなかった・・・w

人類が自然にニュータイプになるのを待つより、作れるならば・・・

珍しい黄色ビームサーベル。
そして、左手は非公式に付属しているポリキャップ平手。
ビームサーベルはクリア成型だけど、サーベル基部もクリアになってしまっている一体成型。
下手な単色成型でなく、クリアだから拘らずに塗装出来て良かった。
平手は、サイズが小さいけど、折角なので使ってみた。
ただ、百式の手の接続部は最近のボールジョイント型と違って、一本棒型を差し込むタイプ。
しかし平手の接続部がボールジョイントにしか対応していなかったため、接続部を削って棒っぽく成型して差し込んだ。
非公式におまけ程度で付属していたものだからしょうがない。

次の世代の子供たちのための、世作りをしなくてはならない!

ブーストを吹かしながらのビームライフル。
スパロボZシリーズだとだいたいこんな感じに撃っていたような。
腿の部分が腰側面のスカートに干渉してしまい、あんまり動かせないという・・・。
なので、側面のスカートを目立たない程度に削って腿の可動範囲を広げました。

そこだ!

劇中でもEXVSでも知られているニュータイプ撃ち。
肩が背中のグラインド・バインダーに干渉してしまうため、肩ごと腕を外さないと肩を曲げられないという・・・。
削ろうか迷ったけど、気づいたのが塗装し終えた組み立て段階で、塗膜が剥がれてしまうため断念。
肩を大きく動かしたい時はちょっと面倒・・・・。

やったか・・・!?

EXVSのチャージショット。
平手があると色々な表現が出来て便利w

下がれ!私が全て倒す!

クレイバズーカとビームライフルを装備。
左銃持ち手も非公式に付属されていたので、余分な部分を切り取って、銃を持てるように。
非公式の銃持ち手のサイズの問題でバズーカは持てないけど、珍しく2丁装備が出来るので個人的には問題無いかな。

敵の攻撃が散漫なのさ

ジム寒冷地仕様とブンドド。
エゥーゴが反地球連邦の組織なので、ジム寒冷地仕様を相手に。
百式のジャンプ斬り下ろし攻撃で、ジム寒冷地仕様の腕を斬り落とす。
EXVSにおける特殊格闘であり百式の生命線その1。
百式をこの姿勢で立たせることがやや不安定だけど、それでも立てるところが良い。

酸素が無くなる前に見つけてもらうんだな

百式版シャアキック。
EXVSにおける超判定で定評があり百式の生命線その2。
やはりシャアは足癖が悪いw

エゥーゴ、イコール反乱軍のイメージが強くなるだけの作戦は良くない!

ランドセルにクレイバズーカを背負いつつフル装備。
百式は派手なMSの割に渋くてカッコイイなぁ~。

やらせんよ! まだ終わらんよ!

最終決戦でハマーンに大破された百式。
クワトロの最後の足掻きで、ハマーンを退けたけどクワトロは行方不明に・・・。

こちらクワトロ!メガバズーカランチャーを射出してくれ! メガバズーカランチャーを射出してくれ!聞こえるか!?

メガバズーカランチャー収納状態。

メガバズと台座 メガバズ

メガバズーカランチャー射撃状態。
百式と違って、メガバズーカランチャーはまだ最近作られたキットだから、よく出来てるな~。
合わせ目が出るけど、簡単に変形出来て、珍しくサポートメカのキット化だから嬉しいw
ただ台座が青一色のせいで、台座とメガバズーカランチャーの見分けが付き辛い・・・。

なんとしても・・・!

各機!メガバズーカランチャーの射線から離れろ!

横に長い 逃がしはせん!

百式とメガバズーカランチャー。
横に長いけど、中々立体感があってカッコイイ。
台座は色が重なってしまうのが嫌だったので、アクションベース2と魂ステージを使った。
魂ステージの方が色々応用して使えるから便利だね~。

手持ちのHGUC

最後に、手持ちのHGUCたちと。
やっぱりシナンジュとExSガンダムの方がデカいな~w
そして百式は丁度中間的な大きさ。
Z以前のMSは割と小型というのが改めて実感・・・。
というか、自分の持っているキットがバラバラだなぁ・・・。
同時系列のMSがジム寒冷地仕様とザクⅡ改しかない。


新しい時代を作るのは老人ではない!

以上、百式+メガバズーカランチャーでした。
手入れをすればなんとかなるけど、やっぱり最近のキットと比べると悲しくなる・・・・w
それにしても、百式を置くとZとかMk-Ⅱを置かないと少し寂しい感じだな~。
と言ってもまだ揃える気にはなれないけど・・・。


では、今日はこの辺で~ノシ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。