スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな大好きF91

今年ももうすぐで終わる・・・だと・・・?
嘘だと言ってよ、バーニィ・・・!もっと休みが欲しいんだよ!(ぉぃ

さて、今日はネタが無いので、過去に作ったガンプラの紹介でも・・・・。

「F91ガンダムは、シーブック・アノーで行きます!」

今回は人気の高いガンダムF91の1/100スケール。
加えて、発売されたのが20年ぐらい前。自分が買ったのは8年ぐらい前だったと思うけど、実際にいつ買ったのかは覚えていない。

通常のF91  本気のF91

左が通常状態のF91、右がフェイスオープンして肩部にフィンが出て、股にバーニアが放出される、所謂「M.E.P.E」(金属剥離効果=Metal Peel-off effect )状態のF91。
wikipediaによると、元々は機体の強制冷却システムとして用いられているけど、副産物として、剥離した金属片が敵機のセンサーに認識されるためにF91が分身しているかのように見える(実際は金属片によるセンサーの誤作動であり、CGが再構成したコクピット内の映像である。劇中での台詞から質量を持った残像とも呼ばれる)。また、残像はレーダーやセンサーのみならず、パイロットの肉眼も欺瞞するらしい。
まぁ要するに、F91の特殊な装甲を無理矢理削ることで残像が発生するようなものかな。

F91のサーベル音はかなり特殊

実際のサーベルの色は、もっとこう・・・黄緑というかクリアな緑というか、緑ライトセイバーというか・・・w
当時の自分が使っていたマーカーはマッキーの基本色セットだったからしょうがない。
ちなみに、アクションベース2に無理矢理乗せているけど、F91はサイズが小さいからなんとか付けられた^^;

「でも、なんだよ!2つの軍でドンパチやっちゃってさ!」

「逃げ回りゃ、死にはしない!」
ビームシールドがカッコイイ。
ビームシールドがクリアなんだから、サーベルもクリアにして欲しかった気もするけど、当時の技術では難しかったんだろうか。

「軍隊の飯を食ってる奴が、そんなに偉いのかよ!」

右にビームランチャー、左にヴェスバー。
本来ビームランチャーは肩に背負って使うんだけど、このキットでは背負えなかった・・・。
ちなみに、ヴェスバーのトリガー部の色は実際とは違うけど気にしてはいけない(ぇ

「M.E.P.E!」

知っている人にはお馴染みの、M.E.P.Eにヴェスバー。
ちなみに、ヴェスバーとは、V.S.B.R.(Variable Speed Beam Rifle=可変速ビームライフル)の意。
この状態のF91は凶悪な性能である。



やはりF91はカッコ良くて、次世代らしいデザインと兵器が良い。
ただ、小型という理由でキット化が難しいというのが、F91以降のガンダムシリーズの欠点な訳で・・・。
まぁそれよりも・・・何か新しいフォーミュラシリーズの映像化は無いんだろうか(ぇ
本当に古いキットたちをリファインでもリメイクでもMG化でも良いから、救って欲しい・・・・。F90とかシルエットとかネオとかクラスター、V2等々・・・。
F91とVはMG出てるから良いけどさ。
AGEのキット化なんて必要無いだろう?(ぉぃ


では、今日はこれでノシ


スポンサーサイト

コメント

No title

俺が持ってるMGの奴よりちょいでかい気がする

No title

基本的には、昔と今のキットによってサイズの微妙な大小差があるようですね。
例えば、同サイズであるHG ZZガンダムとHGUC ZZガンダムでは、HGの方がサイズと身長がやや大きく、HGUCの方がHGに比べスリムになっているようです。
今に比べて昔の方が技術が圧倒的に劣っていたり、今でもサイズが正確とは言えない(HGUC ジェガンは設定よりやや小さいとの噂)らしいので、大なり小なり違いは出るのでしょうね。
ただ確実に言えるのは、昔のキットは技術が無く粗雑なので、最近のキットの方が出来や再現度は良いと思いますw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。